Sound Studio NOAH

Noah self recording report

Recording report
レコーディングレポート ニュース

吉祥寺GS-st セルフレコーディング潜入レポート!
NOAH BOOK 06で紹介したサウンドスタジオノア吉祥寺店のGS-st。本格的なセルフレコーディングが可能なこのスタジオで、NOAH LIVE 2009 Vol.2の優勝バンド"アマリリス"がレコーディングを行った。
 このアマリリス、同じ高校に通うガールズバンド! 普段からリハーサルはサウンドスタジオノア吉祥寺店を使っており、NOAH LIVE優勝特典として当時吉祥寺店店長のJ氏を筆頭に吉祥寺店スタッフがレコーディングを手伝った。
 実はアマリリスにとって本格的なレコーディングは今回が初めて。いったい、どんなレコーディングとなったのか。
 今回、このレコーディングに潜入! まだレコーディングをしたことがない人やGS-stを使ってみようかなと考えている人は、このレポートをぜひ参考にしてほしい。

ama1.jpg

<レコーディングが決まったら、まずは予約>
 レコーディングは、事前の予約の段階でどれだけ細かくやりたいことを伝えられるかが重要。スタジオ側で用意してもらうマイクの本数や種類、インター フェース&PCなどの持ち込み機材等々。当日スムーズに作業が進められる様にバンドメンバー同士、そしてスタジオ側と密に連絡を取ろう!
 スタジオ料金など予算もとても大事なことなので、予約時にしっかり確認!

<お得なエンジニア派遣サービス>
 セルフレコーディングも良いけど、もっとクオリティの高い録音をしたい! そんな方には、サウンドスタジオノアのエンジニア派遣サービスがオススメ!

エンジニア派遣料
¥15,750/6H(録音機材込み)
¥3,150/over time 1H毎
※詳しくはサウンドアーツ(03-5731-2111)まで。


【STEP 1】
◇機材のセッティング&サウンドチェック◇

 今回は『決められた時間内で、レコーディング初心者の彼女たちから、いかに良いテイクを引き出せるか』がポイントになっており、あまり複雑になりすぎな いようにシステムが組まれた。J氏が持ち込んだMac&Logic以外、インターフェースを含め全てスタジオ側の常設、及びオプション機材を使用。 PC&DAWソフトやMTRさえ持ち込めば本格的なセルフレコーディングが誰でも可能なのだ。

ama2.jpg

STEP 2
◇ドラム&ベーシック録音◇

 さて、いよいよ録音開始! 各パート毎で個別に録音するのも良いが、今回は時間も限られているので、クリックはあくまで目安程度に、普段のリハーサルに 近い状態で進められた。ある程度のマイクへの"かぶり" は覚悟のうえの『バンド一発録り』である。とは言っても、やはり"かぶり"は最小限に抑えたいので、ギターアンプは他のマイクに対して背を向け、ベースと キーボードはDI経由でライン録り。モニターは、ヘッドホン。この工程で、一応、全パート録っているが、あくまでドラマーのためのガイド的な役割なので、 ドラムテイクを中心に考えて進められた。

ama3.jpg

STEP 3&STEP 4
◇ベース&ギター録音◇

 次はSTEP 2でのテイクを生かしつつ、ベースとギターを録音。時間短縮のため、ベーシストとギタリストの両名でメインルームに入った。一曲通して何度か演奏して、先 ほどのSTEP 2も含めた中から一番良いテイクを採用。その後、気になる箇所の修正等をそれぞれ行った。
 ベースに関してはCOUNTRYMAN TYPE-85を用いてライン録り。後のミックスで音色を決める。
 ギターには定番のSHURE SM57を使用。ギターパートに関してはベーシックとなるリズムギターのほか、上モノフレーズやソロパート等もあったので、ギターを替えたりアンプやエフェクター等で変化をつけてギターサウンドを構築。

ama4.jpg

STEP 5
◇キーボード録音◇

 次にキーボード。シンプルなパターンのフレーズだったので2テイクでサクッと終了!
 両テイクの良い箇所をDAW上で繋ぎ合わせてこの工程は終了。

ama5.jpg

STEP 6
◇ボーカル録音◇

 さぁ、いよいよボーカル録りだ。マイクにはRODEのNT2-Aを使用。メインパートとハモリのパートなのだが、普段から相当唄い込んでるようで、これ も2テイクでサクッと終了!  太い声質とNT2-Aのモッチリとした中域が合わさり、存在感のある音で録れた。少しザラついた質感を出すためにプラグイ ンのコンプで音作り。

ama6.jpg

◇終了~ 撤収◇
 これでレコーディング自体は終了! スタジオ利用時間は10時間。彼女たちにとって初めてのマルチトラックレコーディングだったわけだが、実際に体験し てみてレコーディングの"楽しさ" "難しさ" "奥深さ"を学んだようだ。普段は見かけないマイクや機材、そしてたくさんのケーブルにPCの画面上にはギザギザの波形。そのすべてに興味を示してたのが とても印象的だった。


ama7.jpg

<アマリリス>
現役女子高生4人組のガールズバンド。NOAH LIVE VOl.2での優勝をきっかけにバンド活動加速中!