Sound Studio NOAH

Noah self recording report

Recording report
レコーディングレポート ニュース

 ジャズミュージシャンのためのレコーディングフェスティバル「JAZZ REC FES」が1月6日(日)開催された。今回は、SOUND STUDIO NOAH 野方店に新設されたレコーディングスタジオAs-st+Rec Booth+E2stが使用され、藤井亮さん率いるジャズユニットの演奏曲が収録された。

 ドラム、アコースティックベース、ピアノ、ヴォーカルという編成で、透明感のある透き通ったヴォーカルがとても心地よく、あのスタンダードナンバーが実に新鮮!!

このユニットへの期待感が一気に高まる。


演奏曲目


1.Cheek to Cheek

2.Fools Rush In

3.I Got Rhythm

4.Our Love is here to stay

5.Smile

6.Sunny Side

7.When I fall in Love


jrf1.jpg


 アコースティックグランドピアノを使用するため、4F As-st+Rec booth5FE2stがリンクされた。エンジニアとのやり取りはトークバックを通して行われ、それぞれが映像モニターでリンクされているので、別フロアにありながら作業はスムーズに進められた。


jrf2.jpg


 エンジニアにより持ち込まれた機材 8ch マイクプリPresonus DIGIMAX→I/O MOTU 828→Mac miniに信号は流れ、今回野方店REC BOOTHのモニタースピーカーに採用されたSONODYNE SM100AKから心地よいサウンドが流れる。 短い限られた時間のなかで最大限のパフォーマンスを引き出す為に、シンプルさをテーマにレコーディングされた。



この日の為にSONORのセットが準備された。マイクは

KIK : audio-technica  ATM25

Snare: SHURE SM-57

OT:NEUMANN KM-184 1pair

A.Bass:LEWITT

A.Piano:AKG C-414 1pair

Vocal:Audio Technica : AT-4050


jrf3.jpg


ワンブースでピアノトリオ+ヴォーカルを。それも全て1発で録音。後で重ねることも、ひとつのパートだけを直すことも出来ない、スリリングなセッションとなった。しかしOKテイクは自然と決まり、初めてのセッションとは思えない呼吸がぴったり合った素晴らしい演奏が全7曲収録された。


jrf4.jpg


メンバー:藤井 亮(vo)  大森 史子(pf)  津川 博光(b)  瀧澤 篤貴(ds)


藤井 亮(Ryo Fujii)プロフィール/
1988年9月19日生、東京都出身

両親の影響で幼い頃からJazzに親しみ、高校在学中よりヴォイストレーナーの荒井皆子氏の下で本格的にJazz Vocalを始める。

Frank Sinatra,Nat King Cole,Sammy Davis Jr.,Fred Astaireなどに影響を受け、現在は都内のLive HouseやClubを中心に活動中。

また、別名CREI-G(クレイジー)としてClubシーンでダンサーとしても活動中。
独自のスタイルを駆使しダンスバトルでは多数入賞。